ボジョレ・ヌーボー

ボジョレって何?
フランス・ブルゴーニュ地方南部のワイン産地の名前です。ガメ種というブドウからつくられたフルーティーで鮮やかな赤ワインが、世界中で大人気を博しています。
ブドウ以外には何も使っていないのに、バラやスミレのような花のにおいがしたり、ラズベリーのような酸味があったり、ハーモニーを奏でます。一度は飲んでみたいワインのひとつです。

ボジョレ・ヌーボーって何?

ヌーボーは、その年に収穫したブドウで作った「新酒」のことです。つまりはボジョレ地方で作られた「新酒」が「ボジョレ・ヌーボー」というわけです。
ボジョレ以外にも、様々なヌーボーがありますが、やっぱり一番有名なのは、ボジョレヌーボーです。
なお、ボジョレ・ヌーボーの解禁日は、毎年11月の第3木曜日と決められています。

時差の関係で世界でもっとも早くボジョレ・ヌーボーが解禁される国が日本なんだそうです。


ワインの生産地では毎年、忙しいワインづくりを終えると豊作を祝って、ワイン祭りが催されますが、その祭りで飲むのが、いつも新酒であるヌーボーです。

ボジョレ・ヌーボーの良さ
若いワインなので、非常にフルーティー!!
ワインをよく知らない人でも、ワインをよく飲む人でも幅広く
おすすめのできるワインです。

ただ、欠点?としては、芳醇さはないので、俺は(私は)深い味のワインが飲みたいんだって人には向かないかもしれません。

ボジョレとボジョレ・ヌーボーはどう違うの?
ボジョレ・ヌーボーはマセラシオン・カルボニック(炭酸ガス浸漬法)という特殊な醸造法でつくられていて、つくりたてのフレッシュでみずみずしい風味を楽しめます。
一方、一般のボジョレは伝統的な醸造法で作られ、風味がよりしっかりしているため、半年ほど熟成させてから、翌年の春に出荷されます。ヌーボーが解禁から数ヶ月間が一番おいしいのに対して、一般のボジョレは数年間にわたっておいしく楽しめるのも、大きな違いのひとつです。

11/20 ついにボジョレ・ヌーボー到着!!

待ちに待ったボジョレ・ヌーボー購入。
こんな袋に入っていました。
結構高級感があります。
こんな外見のボトルです。自分としてはデザインとしても結構好きです。
ボジョレと一緒にグラスももらいました。

11/23
ボジョレ・ヌーボーをテイスティング
作りて ジョルジュ・デュブッフ
ついに2005年のボジョレ・ヌーボーを飲むことに☆
赤い宝石がグラスの中に注がれていきます。

肝心の味についてレポート!
ちょっと渋い。もう少し、渋みがないほうがいい。
ただ渋いけど、後味はすっきりしているほうかな。
他にも別の人が作ったのも飲んでみようかと思います。


SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO